1. TOP
  2. ライフ
  3. 安易にモチベーションを上げるのが危険な3つの理由

安易にモチベーションを上げるのが危険な3つの理由

 2018/01/21 ライフ
この記事は約 10 分で読めます。 81 Views

モチベアップ!
やる気スイッチをオン!

そんな言葉が飛び交う昨今、行動にはモチベーションが欠かせないという風潮があります。

仕事や勉強はもちろん、家の片付けやダイエットなど、やる気を出したいときにモチベーションを上げるための方法に頼る人がいます。

しかし安易にモチベーションを上げると危険です。
ここではその理由を3つにまとめてご紹介します。

最後にはモチベーションに頼らずに行動するための具体的な方法やモチベーションが無関係な絶対領域についてもご紹介します。

安易にモチベーションを上げるのは危険!その3つの理由とは?

一般的なモチベーションを上げる方法というのは、一種のエナジードリンクのような即効性が期待され活用されています。

すぐにやる気がアップして行動に繋がることもありますが、その反面少し危険な方法でもあります。

1.モチベーションアップの方法は100人いたら100通り

世の中には様々な性格分析の方法があります。

例えば、あなたはエニアグラムというのをご存知ですか?
人間の性格を9種類に分類して考える手法です。

出典:https://uranailady.com/

主に、性格診断として使われる方法で体系立てられた性格分析の手法の1つです。

さてこのエニアグラムの表をご覧いただけますか?

そこであなたに質問です。

タイプ1の完璧主義者とタイプ7の楽天家のモチベーションアップの方法は同じでしょうか?

タイプ4の芸術家とタイプ6の忠実家は同じでしょうか?

いかがでしょうか?

恐らく違うのではないでしょうか。

単純にこのエニアグラムをベースに考えれば、9種類のタイプそれぞれにあったモチベーションの上げ方があることになります。

さらに、この9タイプのウィングという概念で分類はさらに細かく分けられていきます。
そうなると、その分だけモチベーションの上げ方も違ってくるはずです。

ここではエニアグラムを例に挙げましたが、いずれにしてもこういった分析は統計学に従っているだけなので、完全に一個人の性格を的確に文字化することは不可能でしょう。

となれば、極論は100人いたら100通り。
10,000人いたら10,000通りのモチベーションの上げ方があるということになります。

それを、他の人が良いと言っているからという理由だけで、その人に合ってない方法を取ってしまうと、逆にモチベーションを下げることにもなりかねません。

そして「なんで俺はダメなんだ!」と自己嫌悪に陥ったりしたら最悪です。

2.他人から上げられたモチベーションはすぐに下がる

あなたはモチベーションアップのセミナーに参加されたことはありますか?
僕は以前、保険代理店の研修生として某大手保険会社に所属していた時期があります。

その時に、保険の営業マンを対象にしたセミナーに何度も参加しました。
そこでは「モチベーションアップを上げて成果につなげる」という趣旨の話が必ず入っていました。

後になって思い返すとその時に、『行動を起こすためにモチベーションが必要』だと刷り込まれていたのかもしれません。

そしてその場では「やる気」がアップして、体の奥底からエネルギーが湧いてくるのを感じるんです。

でも翌日になると、その熱も冷めモチベーションも下がっていることに気づきます。
そしてさらに数日後にはほとんど以前の状態に戻っていたのです。

「なぜなんだろう?」

そんなことも思いましたが、今思えば簡単なことです。
他人から上げられたモチベーションはすぐに下がるものなのです。

電子レンジで温めたご飯がすぐに冷めていくのと同じです。

そしてまた他人にモチベーションを上げてもらいにセミナーに出かけたり、自己啓発本を読んだりしてしまいます。

まさに自分がそうでした。

ここでモチベーションの種類について確認しておきましょう。

2種類のモチベーション

モチベーションには大きく分けて外発的動機付けと内発的動機付けの2種類があります。

外発的動機付け

賞罰や義務などで行動を動機付けるのが外発的動機付けです。

例えば、

お給料アップのために資格試験の勉強をする
上司に怒られないように仕事を早く済ませる

などです。

個人の価値観とかけ離れていくと苦痛を感じやすく、いわゆるモチベアップ法に頼らざるを得なくなるのがこのタイプです。

内発的動機付け

自分の中にある価値観に基づいた関心や好奇心などで行動を動機付けるのが内発的動機付けです。

例えば、

  • 好きな科目の勉強をたくさんやってしまう
  • TVゲームに夢中になる

さらにその過程で自分で目標や課題を設定し、それをクリアしようとすると継続的な動機付けとなっていく特徴があります。

そして、いわゆるモチベーションを上げたいと思ってあげようとする場合に対象としているのが外発的動機付けの方なのです。

3.モチベーション依存症になる

他人からモチベーションを上げてもらうというのは依存心を強めます。
それが習慣化するとモチベーションなしでは行動出来ないと思い始めてしまいます。

いわば、モチベーション依存症です。
やる気が出ない原因を探し始めるのも症状の1つでしょう。

またこのような話をすると、

「内発的動機付けをするための方法を探しているんだよ!」

という反論が返ってきます。
しかし、それも結局は内発的動機付けというモチベーションを上げるための方法に依存していると言わざるを得ません。

依存心は主体性を奪っていきます。
主体性とは全て自分で考え、自分で行動して、自分で責任を取ることです。

依存心が強まれば強まるほど、自分の人生のコントロールが効きづらくなります。
自分の思い描く未来を手に入れづらくなるということです。

安易にモチベーションを上げるのは危険だという理由を3つ挙げてみました。
しかし、実際に仕事や勉強、ダイエットでやる気が出ずに続かないという人は多いと思います。

そんな方のためにモチベーションに頼らずに行動が出来るようになるための方法をこれからご紹介します。

そこで1つ確認しておきたいことがあります。

なぜモチベーションが下がるのか?

あなたは、なぜモチベーションが下がると思いますか?
ちょっとその理由を考えてみてください。

・・・

ボールを高く投げ上げたらどうなるでしょう?
当たり前の話ですが、ある一定の高さまで行くと落ちてきますよね?

モチベーションにも同じようなことが言えます。
上がれば下がるのです。
そして下がるからまた上げないといけません。

上がり幅・下がり幅を少なくすることは出来るでしょう。
しかし、少なくとも波は出来てしまいます。

極論ですが、モチベーションを下げないためには、モチベーションを上げなければ良いのです。
そもそもモチベーションという概念すらいらないのです。

モチベーションに左右されず行動するための方法

自分の興味や関心のあることを探し、好きなことをしている人は内発的動機付けで行動が出来るのでそもそもモチベーションなんて不要です。

子供たちが何か1つのコトに熱中している所を想像してみてください。

「あーゲームやりたい!だからモチベーション上げなきゃ!」
なんて言う子供はいませんよね?

誰から言われるでもなく自分から進んでゲームを始めます。
「やめなさい!」と言われてもやり続けるでしょう。

これが内発的動機づけの良い例です。

ですが、大人になると子供のようになかなか本能に忠実に行動が出来なくなります。
経験や自己認識が行動を束縛していきます。

すると本当にやりたいこととやっていることにギャップが出来てしまいます。
すると、やりたくなけど家族のために必要だからやらないといけないという状況が生まれてきます。

そこで、やりたくない仕事をしないといけないのでモチベーションを上げることが必要になるのです。

ですので、モチベーションに左右されずに行動するためには、まずはこのギャップを正していく必要があります。

以下、モチベーション(外発的動機付け)が不要になるゾーンをご紹介します。

『やりたいこと、やるべきこと、できること』この3つが交差する部分はモチベーション不要となります。

あなたの今やっていることはどのゾーンなのか確認してみてください。
もし真ん中のゾーンでないならモチベーションに頼ってる可能性があります。

モチベーションに頼らずに行動したいならどうにかして真ん中のゾーンに持っていく櫃余があります。

真ん中のゾーンは幸せゾーン!入るための方法は?

仕事にしろ、勉強にしろ、ダイエットにしろ、真ん中のゾーンで行動できる人は幸せな人です。

その状態を作るために、しっかりと自分と向き合う必要がります。

具体的な方法をご紹介します。

1.やりたいことは何なのか紙に書き出す

特に、仕事や勉強などの範囲に囚われず自由に書くのがコツです。
1つ書いたら「その他には」というアンテナを立てて、次々に書き出していくのがポイントです。もう出ないというぐらいまで出したら次に移ります。

2.出来ることは何なのかを書き出す

やるべきことはすでに分かっているので次に出来ることを書き出します。
仕事や勉強などであなたが出来ること、得意なことを書き出してみましょう。

3.やりたいことと出来ることのマッチングをする

2で書き出した内容を見ながら、やりたいことに繋がりそうなものを探します。

例えば、「2でPCを使った業務が出来る。」と答えていて、やりたいことが「インターネットビジネス」だった場合、関連性があるのでマッチングの可能性が高まります。

それから「2で勉強した内容を人に教えるのが得意」と答えていて、やりたいことが「ユーチューバー」だったらマッチングの可能性は高そうです。

このように、「関連性」のありそうなものをつなげていくのがポイントです。
一見、関係のなさそうなことでも、無理やり「何か関連付けられないかな?」と考えてみるのがコツです。

すると、今まで見えてこなかった長所が見えてきたりして、予想以上にあなたのスキルが素晴らしいことに気づくはずです。

そしてこの方法を使えば、少しずつあなたの現状と理想の状態のギャップを埋めていくことが出来ます。

完全に理想の状態を作るためには、本当にやりたいことをやるために、今やっていることをやめないといけません。

しかし、そこまでのリスクを負わずしても、より良い状態へ近づけることは可能です。
それが、『やりたいことと出来ることのマッチング』です。

モチベーション無関係の絶対領域へ

ここまでいかがでしたか?

安易にモチベーションを上げるのは危険だというお話を通して、モチベーション不用で行動を起こしていくための方法をご紹介しました。

さらに高いレベルで行動を実行している人のお話を最後にしておきます。

それは「志」を持って行動をしている人達です。
かの吉田松陰や坂本龍馬のように志を立てて、その志が示す方に向かって進むとそこにはもはやモチベーションなどと言う言葉は不要です。

志(こころざし)とはその名の通り、心が指し示す方向という意味です。
あなたの志は何ですか?

僕の志は「全ての人々が支え合い、自分のあるべき姿に気づき人生を全うする社会を創ること」です。

もし「志なんて考えたこともない!」という人は、この機会にあなたも大きな志を立ててみてください!

とりあえず立ててみるのがコツです。
そうすれば、もしあなたに合っていない志の場合「何となく違う」ということに気づき、修正することも出来ます。

なので、まずは立ててみるのがポイントです。
あなたの人生で心が震えた瞬間、そこにヒントが隠れているはずです。

志が持てれば行動にモチベーションが不要になります。
そうなればより人生が楽しくなってくるはずです!

もしあなたが楽しい毎日を過ごしたいと思っているなら、こちらの記事もお役に立てると思いますので読んでみて下さい。

人生を楽しむコツはたった1つ?楽しい毎日を実現する77の方法

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

PAPA SUN [パパサン] | 父親として人生を楽しむ。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PAPA SUN [パパサン] | 父親として人生を楽しむ。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ryoutatsu

Ryoutatsu

初めまして、玉置亮達(たまおきりょうたつ)と申します。34歳のメガネかけた男子です。32歳の妻と2歳の息子がいます。
結婚観、育児観、仕事観については独自の考えを持っています。

今は自宅でライターとしての仕事をしつつ育児をサポートしてます。
いわゆるイクメンなのではないかと自負してますが妻には「違う」と言われます。(笑)

自分の書いた記事が多くの人に読まれ、1人でも多くの人に気づきや勇気、希望を与えられたらこれ以上嬉しいことはありません。

関連記事

  • 笑顔の効果17の秘密を知って幸せを引き寄せる方法

  • 人生を楽しむコツはたった1つ?楽しい毎日を実現する77の方法

  • 30歳で人生諦める?いや「諦め=明らめ」て生きるのが楽かも

  • 考えすぎてストレスを増大する3つの落とし穴とたった1つの脱出口

  • 人生や仕事で迷って分かった「迷いの理由」は至極シンプル

  • 早起きのコツはこれだ!強力な5時起き習慣を作った方法とは?