1. TOP
  2. ライフ
  3. 自分探しの旅に出る前に!本当の自分を知る唯一の方法とは?

自分探しの旅に出る前に!本当の自分を知る唯一の方法とは?

 2018/10/05 ライフ
この記事は約 7 分で読めます。 61 Views

あなたは自分探しをしていませんか?
そして、あまりにも「自分」が見つからなくて、ついには自分探しの旅に出ようとしてませんか?

実はこれ3年前の自分のことなんです。

「私は何がしたいのか?」

「私は何のために生きるのか?」

実は、自分というのは探しても見つかるものではないんです。
言うなれば、メガネをかけたままメガネを探すようなものです。

そうです。
そこにあるんです。

すでに「自分」であるのに、自分を探すこと自体にムリがあります。
どういうことか。

じっくりご説明します。

この記事では、
本当の自分を知る唯一の方法をご紹介します。

自分探しを今日で終える!本当の自分に出会うための下準備

あなたはなぜか知らないけど、自分が本当の自分でないような感覚がありませんか?
自分の人生なのに、なぜかちゃんと自分で生きられていないようなモヤモヤ。

僕も感じていたのですごく分かります。

このモヤモヤを今日で解消しましょう。
そのための下準備があります。

僕は、この下準備だけで目からウロコが落ちました。
では早速ご紹介します。

それは・・・

身体。

この2文字です。

まず、冷静に考えてください。
あなたが普段から「自分」だと思ってるのは、あなたのその身体ですよね?

つまり、自分とは身体のことです。
そして、その身体を通して体験してきた、経験や記憶があなた自身です。

さて、自分とは、
体ではなく、身体です。

身体とは身と体が合わさってセットになった状態です。

僕は今武術を実践しているのですが、武術では身体をこう捉えます。

身・・・魂、靈体(れいたい)、幽体
体・・・肉体

要するに、体という器に魂や靈体や幽体が入り、身体=自分になっているということです。

自分探しの旅はするな!魂や靈体が肉体に宿った目的を探せ!

自分探しをする人の多くが陥っている落とし穴があります。
それが「自分」の定義が曖昧な状態で探しに行くことです。

なんとなく「自分はこれがしたい!」という明確な何かを探すために自分探しの旅にでかけるのは悪いことではありません。

しかし、その目的物って外側にあるのでしょうか?

実は、これはメガネをかけたままメガネを探すのと同じ状況なんです。

これは自分の体験談ですが、僕も3年ほど「自分は何のために生きているのか?」「何をしたいのか?」というのを探し続けていました。

65万円もする自己啓発の講座に参加したり、目標達成のための勉強会など、軽く100万円以上は使いました。

しかし、結局外側には何もありませんでした。
近づいた感じがあるときもありましたが、今思えばそれらは例外なく「内側」に変化がありました。

つまり、身体に変化が起こっていたのです。
結局全ては自分の中に存在していたのです。

先程の、身体の話からも分かるように、肉体に魂や靈体が入り込んだのが自分です。
そして、僕たちが赤ちゃんとしてこの世に生をうけた時に肉体に魂が宿ります。

ということは、その瞬間に「自分探しの目的物」はそこにあったのです。
しかし少しずつ成長するうちに、いろいろな刺激があり、その目的物を見失ってしまうのです。

ただ、それは消えたわけではなく「忘れている」だけです。
だから思い出すだけで良いのです。探しに行く必要なんてないんです。

この「自分探しの目的物」は別名で「志」といいます。

「私は何のために生きているのか?」
「私は何をしたら喜んで死ねるのか?」

これが志です。

自分探しの目的物である「志」を思い出す方法とは?

実は、あなたのこれまでの経験の中で、志を思い出すチャンスはたくさん転がっていました。しかしそこに氣付けなかった。それだけです。

あなたはカラーバス効果というのをご存知でしょうか?

では、ここで1つ面白い実験をしましょう。
今から10秒間差し上げます。
その10秒間で、身の回りのものから赤いものがいくつあるか探してみてください。

ではいきます。

はい、スタートです!

・・・

あなたは
いくつ見つけられましたか?

・・・

このように、
1つのフィルターをかけて世界をみると
その情報がたくさん集まってきます。

これをカラーバス効果といいます。

さて、
ここでもう1つの質問です。

今身の回りを見回してもらった中で、
緑色のものは一体いくつありましたか?

周りを見渡す前によーく思い出してみてくださいね。

いかがですか?

赤色を探すというフィルターがかかると
その赤いものがよく観えます。

その一方でそれ以外は視界に入っていても
認識されないという現象が起こります。

あなたがどんなフィルターで世界を観るか、
というのが非常に重要だということです。

さて、自分探しの目的物である「志」についても、
カラーバス効果が活用できます。

生きてきた中での経験の中から、身体の感覚にフィルターをかけます。

そうすると、嬉しくて身体が喜んでいたり、悲しみで身体が寒くなるような感じがしたり、怒りで胃がシュクシュクシたりという体験をするはずです。

この感情に伴う体感覚が、あなたの志をぼんやりと浮かび上がらせます。

というのも、魂はあなたの肉体を通じて「生きる目的を体験するため」にあなたの肉体に宿っているからです。

「今までの人生で身体が熱くなるほど嬉しかったり楽しかった経験はありますか?それはいつですか?」

「今までの人生で身体が寒くなるほど悲しかった経験はありますか?それはいつですか?」

「今までの人生で身体が震えるほどの怒りや憤りを感じた経験はありますか?それはいつですか?」

このように、自分の人生の経験にアプローチをかけていきます。

 

結局、魂はちゃんと目的を持ってあなたの肉体に宿っているんです。

これが大前提です。

だから体験を通じた感情に向き合うことで志に近づけるんです。

なぜ、嬉しいのか?
なぜ、悲しいのか?
なぜ、怒りを感じるのか?

この感情への疑問が、志をハッキリとさせていきます。

そして、それを一文にします。
それが人生の指針になり、歩むべき方向性が明確になります。

ちなみに僕の志は、

全生命が家族を大切にし、あるべき姿で人生を終える世界を創造すること

です。

僕は、他人が喜ぶことで自分が喜ぶことを何度も経験してきました。
特に、ネットビジネスで収益が伸びた経験から、その中で得た知識や経験をブログで情報発信をしてたときの話です。

そういった情報を見て、感謝のコメントが来ると、とびきり嬉しかったんです。

そういった過去の経験から、
これが自分の生きる目的に近いからという答えにたどり着きました。

そして、魂を売ってお金を稼いでしまい「何のためにお金を稼いでるのか?」という疑問が生じたことで、「何のために生きているのか?」という自己不信に陥った経験があります。

このときの自分への不信感から、家族に誇れる生き方をしたいと感じ、志に従った仕事をするために人生を大きく変えました。

自分探しを終えて宝物と出逢う!あなただけの生き方を手に入れる

自分探しはしても無駄です。
なぜなら、すでにあなたはあなただからです。

「自分がない」というのは思い込みで、すでに自分なのです。
だから探しようがないのです。

今までのあなたの経験がすべて、あなたを構成する要素です。
そこからあなたの人生の核になるであろう宝物を見つけてみませんか?

志があなたの人生をより輝かせ、毎日の生きる指針となるでしょう。
もし本当に志に出会いたいなら、僕に直接質問してください。

身体から志を出す「志体術(こころざしたいじゅつ)」のインストラクターとして適切な回答をさせていただきます。

1人で悩んだり、自分探しの旅に出る前にあなたの内側に眠る宝物を掘り起こしませんか?

たっつんに質問する。↓

お問い合わせ

 

【動画】望む未来を手に入れる方法 全6話(38分)を無料プレゼント

\ SNSでシェアしよう! /

PAPA SUN [パパサン] | 父親として人生を楽しむ。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PAPA SUN [パパサン] | 父親として人生を楽しむ。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ryoutatsu

Ryoutatsu

初めまして、玉置亮達(たまおきりょうたつ)と申します。34歳のメガネかけた男子です。32歳の妻と2歳の息子がいます。
結婚観、育児観、仕事観については独自の考えを持っています。

今は自宅でライターとしての仕事をしつつ育児をサポートしてます。
いわゆるイクメンなのではないかと自負してますが妻には「違う」と言われます。(笑)

自分の書いた記事が多くの人に読まれ、1人でも多くの人に気づきや勇気、希望を与えられたらこれ以上嬉しいことはありません。

関連記事

  • 強い劣等感の裏には共通の特徴が!劣等感を克服する8つの方法

  • 自然体の極意!ありのままの自分で生きるための気づき7つをシェア

  • 人生一度きり!絶対に後悔しないで済むたった1つの方法とは?

  • 友達がいないと不安?孤独力を鍛えると幸せになる9つの理由

  • 自己否定は今日で最後!ダメ人間を克服するたった1つの方法

  • 早起きのコツはこれだ!強力な5時起き習慣を作った方法とは?