1. TOP
  2. ライフ
  3. 人生や仕事での「迷いの理由」は超シンプル!とっておきの解決策とは?

人生や仕事での「迷いの理由」は超シンプル!とっておきの解決策とは?

 2018/01/28 ライフ
この記事は約 9 分で読めます。 19,443 Views

あなたは今人生や仕事で迷っていませんか?
私はついこの間まで人生に迷っていました。

苦しんで苦しんで苦しむこと3年間。
ようやくその迷いから抜け出すことが出来ました。

迷いの理由、それは・・・至極シンプルなことでした。

この記事では、私がたどり着いた至極シンプルな「迷いの理由」とその迷いから解放されるための方法をご紹介します。

人生や仕事で迷うことは悪いことではない

そもそも「人生や仕事で迷うこと」=「悪いこと」だと思われがちですが実は違います。
迷うこと自体は決して悪いことではないのです。

迷っている状態というのは、自分の心のどこか奥深くで「違和感」を感じている状態です。
その違和感に敏感に反応しているからこそ迷うのです。

言い換えれば、何かのきっかけを作ろうとしてくれているのです。

あなたの人生をよりよく変えるチャンスなのです。
そう思えば、迷いはすごく良いものであるとも捉えられます。

実際、私は生きる意味が分からず、何のために生きているのかを3年もの間探求し続けました。

31歳の頃から探し始め、34歳になるまでです。
長かった。

そして見つけた答えがこちらです。

人生や仕事の選択で迷う超シンプルな理由

結論から言うと、人生や仕事の選択で迷うのは「どこに向かっているか分かっていないから」です。

言い換えれば、
「何のために生きているのか?」
「何のために仕事をしているのか?」
が分かっていないということです。

この「何のために」が分かれば、仮に少し道から外れてもまた軌道修正が出来ます。
しかし、どこに向かっているか分からないと迷うのです。

僕は人生の目的、つまり「何のために生きているのか?」を3年も探し続けました。

そのプロセスにおいて、人が迷う理由は向かう目的地が見えていないことが原因だとはっきりと気づかされました。

考えても迷いから解放されない

では、「何のために生きているのか?」そのゴールを考えれば答えが出るのでしょうか?

それはなかなか難しいのではないかというのが正直なところです。

というのも、自分は3年間ことあるごとに考え続けてきたからです。
自問自答を繰り返すあまり、「人生の目的」を探すために高額な勉強会にも参加しました。

しかし、その答えが見つかるどころか「一生見つけられないのではないか」という不安が大きくなりました。

この経験から、考えても迷いから解放されることは難しいと思うに至りました。

依存するとさらに迷う

そして注意したいのが「依存」です。
人生に迷ったら読みたい本とか、人生に迷ってる人に送る名言のようなものが多くあります。

  • 人生に迷ったら必読の良書15選
  • 人生に迷ったら読むべき33の名言集

このようなネット記事も多くあります。
それらを参考にして、自分の中で新しい気づきを得て、行動していくのなら良いと思います。

しかし、そういった「秘伝のアイテム」に依存してしまうのは危険です。

困ったらそのような本や言葉に依存して、まるでたいまつを得たかのように心が明るくなる感覚を得る。
これは自分がずっとやってきていたことです。

ただ依存することで自分の主体性がどんどん奪われていったのです。
今思うとゾッとします。

では一体どうしたら人生や仕事の迷いから解放されるのでしょうか?

人生や仕事の迷いから解放されるとっておきの方法

ここからは、あなたの人生にとって大きな岐路になるかもしれない情報をお伝えします。

今までのあなたは今日でおしまい。
新しいあなたがこの瞬間に誕生します。

人生や仕事に迷わなくなるたった1つの指針

あなたには夢がありますか?

・・・

「ある」と答えた人も「特にない」と答えた人もいると思います。
多くの著書などで、夢を持つことの重要性は語られています。

自分も、ずっと夢を持つことは重要だと思って生きてきました。
自分の夢の実現には多くのお金が必要でした。

そこでお金を稼いで夢を実現させるためにがむしゃらに行動しました。
その時に自分が選んだ方法はアフィリエイトというネット広告の手法でした。

行動しても行動しても結果が出ない。
それでも行動し続けているとあるところで一気に報酬が伸びました。
その後月収255万円を達成するまでになりました。

自分が思っていた夢が実現できたのです。
では、その時に何が起きたか?

実は、何も変わらなかったのです。
以前と同様に不安はあるし、心配事はむしろ増えていました。

夢を持って実現しても満たされる感じはほんの少しで、それ以上にむなしさの方が大きくなっていました。

持つべきは夢ではありませんでした。

本当に持つべきだったのは夢ではない?!

さて、ここでもう1つあなたに質問です。

あなたには「志」がありますか?

・・・

「志があるよ」という人は恐らく人生に迷っていないはずです。
この記事を読んでいる人のほとんどは志を持っていないのではないでしょうか?

現に自分がそうでした。

「志なんて堅苦しい」
そんな印象しかありませんでした。

それが、とあるきっかけで、志の大切さを知ることになりました。
レノンリーという人物です。

レノンリー氏

彼は元酔拳の世界チャンピオンで武術を通して志の大切さを説いている人です。
レノンリーという名前からは想像できないぐらい陽気な関西人です。笑

そんな彼の元で学ぶ機会があり、
夢と志の違いを知りました。

夢は自分の欲望のために叶えたいもの。
志は他者のため、社会のため、全人類のために叶えたいもの。

矢印のベクトルが自分に向いているか、自分から出ているのか、180度違います。
そして、世のため人のためにという思いで行動できると、思っている以上の力を発揮できるようになります。

夢を持つのも良いですが、人生一度きり。
死ぬときに「あぁ良い人生だった!」と本心から思って死ぬためには、持つべきは志ではないかと思うのです。

そんな夢と志の違いを知ったうえで初めて、自分の志を出すというワークをしました。

具体的には自分の過去の経験を振り返り、その中かから志を立てたのです。

そもそも、志は「外から見つける」ものだと思い込んでいたので「自分の内から出す」という考え方は衝撃でした。
そして志を「とりあえず立ててみる。」のです。

そうすることで、自分にその志がしっくりくれば体が反応するし、しっくりこなければ違和感が出る。
その時に修正すれば良いのです。

実際に志を立てたらどうなったのか?

なんと、それまで3年も迷い続けていたのがまるでウソのように、一気に人生の迷いが消え去ったんです。
進むべき道がくっきりと明確になり、人生に1本の軸が通ったような感覚を味わいました。

人生の目的が明確になることで、おのずと自分の仕事の意味や目的も必然的に明確になりました。

まさに案ずるより産むがやすしとはこのことです。

志の立て方についてはこちらの記事の後半に載せた質問事項を参考にしてみて下さい。

混ぜるな危険!目的と目標の違いとは?

志とはいわば人生の目的です。
何のために生きているのか?
言い換えれば、何をすれば喜んで死ねるのか?です。

それを実行する時に、具体的な行動が必要になりますので、そこで指標にするのが目標です。

なので、順番としては、
まずは目的の設定、その次に目標の設定が来ないとおかしいのです。

多くの人はこの順番が逆だったり、そもそも目的と目標がごちゃごちゃに混ざっていたりします。

自分の大学受験がそうでした。

入試を受け、合格して、大学に入学する。
そうです。大学に合格することが目標であり目的になってしまっていたのです。

何のために大学に入学するのか、が面白いほどバッサリ抜け落ちてしまっていたのです。

これを知った時愕然としました。

そして、多くの人が自分と同じ過ちを繰り返していることに気が付きました。
目的と目標をごちゃまぜにするのは非常に危険です。

なぜなら、目的を達成してしまうと・・・
何のために生きているのか?分からなくなってしまうからです。

恐ろしくないですか?

生きる目的が完了してしまったら、あとは「死」しかありません。

実際に過去のオリンピックの選手でメダルを取ることを目的にしてしまった人がいます。

彼はオリンピックでメダルを取ることに成功。
しかしその後、生きる意味を見失い、ついには自殺をしてしまったのです・・・。。

それぐらい、目的と目標の混同は危険なのです。

人生の目的(志)を果たすために目標を設定する。
この順番が重要なのです。

人生の目的を明確にして生きるための情報を配信します。

 

迷いがなくなると「今ここ100%本気」で行動を開始出来る

人生の目的(志)を設定したら、あとはその目的を果たすために目標を設定します。
生きる意味が明確になっていれば、そのための行動はおのずと方向づけられていきます。

あとは、どのぐらいの規模感でどのぐらいのスピードでそれを成し遂げていくのかの問題です。
そのためのマイルストーンとして目標を設定していきます。

目標には期日が必ず付きます。
仮にその最初の目標が1年後なら、その目標を達成するために1年間何をするのか?を考えます。

そして、それをどんどん分解していくと・・・

  • 1年後までにやること。
  • 1か月後までにやること。
  • 1週間後までにやること。
  • 明日やること。
  • 今日やること。

これらが明確になります。

今日やることが明確になると「今ここ100%本気!」でやるべきことに集中できるようになります。

何の迷いもなく、目の前のことに100%の力で打ち込めたらどうですか?
すごく気持ちが良さそうですし、楽しそうですよね。

あなたにも迷いのない素晴らしい人生を送るチャンスがやってきました。

今ここで志を立てて人生の迷いを吹き飛ばしますか?
それとも、まだ迷い続ける人生を選びますか?

人生は一瞬一瞬の選択の積み重ねです。
どうか素晴らしい選択をなさってください。

まとめ

いかがでしたか?

私は人生に迷いはつきものだと思ってきました。
しかし「志」という人生の羅針盤を手に入れてから本当に迷いがなくなりました。

今自分がやってることは生きる目的に直結していると実感出来るからです。
逆に生きる目的とズレたことはしないようになりました。

あなたは何のために生まれてきたのでしょうか?
何をするのがあなたの天命なのでしょうか?

是非、志を立てて、志をどんどん進化させていってくださいね!
最後までお読みいただきありがとうございました。

【動画】望む未来を手に入れる方法 全6話(38分)を無料プレゼント

\ SNSでシェアしよう! /

PAPA SUN [パパサン] | 父親として人生を楽しむ。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PAPA SUN [パパサン] | 父親として人生を楽しむ。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ryoutatsu

Ryoutatsu

初めまして、玉置亮達(たまおきりょうたつ)と申します。34歳のメガネかけた男子です。32歳の妻と2歳の息子がいます。
結婚観、育児観、仕事観については独自の考えを持っています。

今は自宅でライターとしての仕事をしつつ育児をサポートしてます。
いわゆるイクメンなのではないかと自負してますが妻には「違う」と言われます。(笑)

自分の書いた記事が多くの人に読まれ、1人でも多くの人に気づきや勇気、希望を与えられたらこれ以上嬉しいことはありません。

コメント

  1. ヤップ より:

    ありがとうございます!

    1. Ryoutatsu Ryoutatsu より:

      ヤップさん

      初めまして!
      こちらこそお読みいただきありがとうございます。

  2. ふふふ より:

    工業高校へ就職のために進学したはずだったのですが、とあるスポーツと出会い、いろんな人と出会い、問題児だった自分でも頑張れることがあるのだと希望を抱きました。現在、就職を蹴って結果も実績もありませんでしたが日本一を取るような大学でスポーツをやって2年目です。ヘルニアになってしまい上京してきたにも関わらず来週には手術も控え、どう生きていこうか迷っていたので読ませていただきました。

    1. Ryoutatsu Ryoutatsu より:

      ふふふさん

      初めまして!コメントありがとうございます。

      まず・・・
      素敵な人生を歩まれてますね!

      ヘルニアで手術ですか・・それは心中お察しします。

      こういった出来事で迷いが生じてしまうのはごく自然なことだと思います。
      そのような迷いのプロセスから、本当に自分がやりたいこと、人生を通して成し遂げたいことがぼんやりと感じられるようになってくるんだと思います。

      いずれにしても、人生をよりよく生きるためのチャンスが目の前にやってきているのかもしれません。
      何か身体の内側からの声のようなものが聞こえないか耳を澄ませてみてはいかがでしょうか?

      自分はこの人生で何を成し遂げるために生まれてきたのか?
      この機会にご自身に問いかけてみると、返答してくれるかもしれません。

  3. ナース より:

    当方、女性の看護師で大学病院で5年働き、クリニックで3年ちょっと働いています。将来は20代で結婚して幸せな家庭を築くことでした。破談の経験もあります。大学病院のブラックな労働環境や人間関係から逃れるためにクリニックで働いていましたが、同世代の人と関わレないことなどから塞ぎ込むようになり、少々うつっぽくなり現在仕事を休んでいます。
    人生設計が崩れた時に、自分に軸がなかったため私は迷子になりました、今は何が楽しいのかもわかりません。自分はどんな仕事が好きで何が楽しいのかわからなくなってしまい、この記事に辿りつきました。
    実際にどのような志を持ったのかぜひ伺ってみたいと思い、コメントを残させていただいた次第です。宜しくお願い致します。

    1. Ryoutatsu Ryoutatsu より:

      ナースさん

      コメントありがとうございます。
      色々なご経験をされているようですね。

      自分の志は「全生命が天命を想い出し、ありのままの姿で人生を終える世界を創ること」です。

      この志に至るまで、自分も「何をやったら良いのか?」分からずにいました。
      ですが、結論として「何をやってもいい」という答えにいきつきました。
      (自分の経験談はプロフィールにいろいろ書きましたので、そちらを読んでみてください。)

      というのも、全てが自分の人生にとってプラスになることを知ったからです。
      知ったというより、想い出したという感覚の方が近いです。

      人生の目的は「魂の成長」であって、それが全てです。
      魂の成長のためには「経験」によってもたらされる「感情」が重要です。

      感情に良いも悪いもありません。
      怒りや恐怖が悪で、楽しい嬉しいが良いとかないってことです。

      なので、全ての経験が自分の人生においてプラスに作用します。
      どんなポジティブな経験も、ネガティブな経験も絶対的にプラスに作用します。

      そんな感じで、
      自分の中で「良い」とか「悪い」とかラベリングすること自体無意味だって腑に落ちてから、全ての経験をプラスに捉えられるようになりました。

      自分も、自我崩壊直前まで行って、見えてきた境地なので、割と真理に近いんじゃないかなと思います。
      自分の経験が何かお役に立てたら幸いです。

コメントを残す

*

関連記事

  • 【実録】自分の人生を考える時に役立つ7つの視点

  • 30歳で人生諦める?いや「諦めた=明らめた」瞬間に生き方が変わった話

  • 人生を味わい尽くす!楽しい毎日を実現する77の方法【後編】

  • 考えすぎる性格を直したい!パターン別5つの方法とは?

  • 人生がつまらない原因は楽しんでないだけ!3ステップで毎日が楽しくなる!

  • 自分探しの旅に出る前に!本当の自分を知る唯一の方法とは?